サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

札幌雪まつりの3つの見所

札幌雪まつり


そろそろ始まる見せ場が盛りだくさんの札幌雪まつり。
3年連続見に行ったけど、今年は休暇を取り逃したので行けないのが残念。
まぁ代わりに西方面に行こうと思いますが。

札幌雪まつりは、大通り会場の雪像とすすきの会場の氷像が
主な見どころ。
つどーむ会場もあるらしいけれど、子供用の雪のすべり台があるらしいけど
一人旅でそんな場所に行ったら事案になりかねないので見たことないです。


そんな札幌雪まつりの僕の思う見どころは3つ。

1.巨大な雪像とライトアップ

2.時間毎に行われる様々なイベント

3.屋台の種類が豊富

1.巨大な雪像とライトアップ

札幌雪まつり


なんといっても一番の見どころは巨大な雪像。大きさだけなら
ギネスブックに載ったことの有る旭川冬まつりの方が大きいけれど
札幌雪まつりの雪像も十分大きい。
特に集英社の雪像はかなりの大きさ。
札幌雪まつり


昼は昼でその大きさに圧倒されるのもよいけど、
夜はライトアップで更に綺麗。

残念ながら人が多すぎて土日は中止になったりすることもあるけれど
プロジェクションマッピングもあったりする。

アウディのプロジェクションマッピング
本当に走ってるのかとびっくりした。

22時ぐらいまではライトアップされているので、
どこかに寄ってから最後にみるのもよい。

2.時間毎に行われる様々なイベント

トークショーやミニコンサート、YOSAKOI大会、
極めつけは里谷多英のコザックでお馴染みの
モーグルショーやスノボーのジャンプショーまで開かれる。
一日中雪まつり会場にいて全てのショーを見るもよし、
見たいものだけ見て小樽や旭川に足を伸ばすも良し。

伊勢神宮式年遷宮に関するトーク
札幌雪まつり

札幌雪まつり


さっぽろ雪まつりイベントスケジュール
http://www.snowfes.com/event/stage.html

3.屋台の種類が豊富

札幌雪まつり



たいていの祭りは、誰が決めたのか
お好み焼き、焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、綿あめのばかり。
他のものが食べたくて、端から端まで歩いても、金太郎飴のごとく
ループして、結局妥協しながらお好み焼きを食べている事が多い。

だが、さっぽろ雪まつりの屋台に限ってはこの悲しい妥協はない。
なにせ、圧倒的に種類が多い。当然、【北海道産】!

一例
・鉄板焼(ヒレ肉・ハンバーグ・牛タン・豚そばなど)
・みそおでん
・ベジタブルバーガー
・真っ赤なミネストローネ
・自家製フライドポテト
・タラバ蟹汁
・ズワイ蟹足焼
・元祖さっぽろみそラーメン
・甘エビスープカレー
・ザンギスープカレー
・ザンギスープカレー千歳市かぼちゃ醤油ラーメン
・醤油ラーメン小樽市ナイスザンギ
・匠の味噌ザンギ
・ザンギコロッケ滝川市松尾ジンギスカン(皿盛・丼)
・骨付きラムステーキ・巻々ソーセージ由仁町小籠包
・はるまき・あんかけ焼きそば
・あげいも美唄市美唄やきとり
・鶏だしそば道北富良野市ハスカップジュース
・チーズフォンデュ旭川市旭川ラーメン(塩・醤油・味噌)紋別市本ずわい甲羅盛り
・カニ汁
・カニまんじゅう道南せたな町うにごはん
・浜大漁焼き(ホタテ・アワビ・つぶ・うに)森町いかめし

詳細はURL参照
http://www.snowfes.com/place/odori/#06


しかも、松尾ジンギスカンなど行列店なども数多く出展している。
近くに飲食店は多いけど雪祭り中は激混みなので、雪まつり会場で
食べても十分に満足できるレベル。

まとめ

さすがは200万人以上が訪れる一大イベント。
北海道雪まつりの中でも規模が桁違い。
基本的には、札幌雪まつりを中心に、小樽や旭川に足を伸ばすのが
いいと思います。
書いていたら行きたくなったのでやはり、来年は行くことにします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...