サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

うさぎ島こと大久野島を効率よく回るための4つのポイント

ookunozima


1.フェリーの時間に気をつける。

  離島なので、忠海からのフェリーが唯一の交通網。
  フェリーは幸い30分に1本程度あり、
  JRとは連動しているものもあります。
  帰りは自分で決めないといけないので、うさぎに後ろ髪を惹かれて
  最終フェリーに乗り遅れると強制的に休暇村に泊まることになります。
  ※尾道からは40分程度。
   広島からは1時間~2時間程度
f:id:dan-gan:20140113142324j:plain

※最新時刻表は以下参照
 http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/access/

2.大きな荷物は持っていかない。

  島の中は手荷物用のコインロッカーしかありません。
  フェリー乗り場のある忠海駅にはロッカーもない。
  なので、大きなキャリーバッグがある場合は注意が必要。
  
  戦争遺産や小規模なうさぎを愛でたい場合は
  持っていくと不便な思いをすることになります。
   
  ※休暇村宿泊者限定で、キャリーバッグは預かってもらえます。
  ※確認していないが、近くの三原駅にはコインロッカーがある
   可能性は高いです。尾道から行く場合は三原駅に
   預けるのもありかもしれません。(未検証)
  http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0800601

ookunozima


3.自転車を借りる

  休暇村で借りることが可能。島一周4キロなので歩いても回れるけれど
  効率を考えると自転車を迷わず借りるのがオススメです。
  普通のママチャリは2時間400円
  電動機付き自転車は2時間500円
  別途、デポジットで1,000円必要

ookunozima


4.うさぎと思う存分戯れたい時は、宿泊する。

  離島にはホテルが宿がないこともあるが、大久野島では
  休暇村があるので一日じゃ足りないという場合は宿泊もできる。
  宿泊する場合はキャリーバックも預けられるので安心です。
ookunozima


ookunozima


関連

うさぎ島こと大久野島は、ほんとに、うさぎだらけだった - サラリーマンの週末弾丸旅行術


広島名所弾丸旅行 まとめ - サラリーマンの週末弾丸旅行術

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...