サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

本当は怖い清水寺 清水の舞台から飛び降りた時の生存率は?

清水寺


清水寺
清水寺


清水寺
清水寺
清水寺

清水の舞台からの景色
清水寺

清水の舞台を下から
清水寺


清水の舞台から飛び降りるということわざで有名ですが、江戸時代には本当に飛び降りて、しかも生存率は85%と結構高いらしいです。

 調査は、清水寺塔頭の成就院が記録した文書「成就院日記」から、飛び降り事件に関する記述を抜き出してまとめた。記録は江戸前期・元禄七(1694)年から幕末の元治元(1864)年までだが、間に記録が抜けている分もあり、実際は148年分の記述が残っていた。

 調査によると、この間の飛び降り事件は未遂も含め234件が発生した。年間平均は1.6件。記録のない時期も発生率が同じと仮定すると、江戸時代全体では424件になる計算という。 男女比は7対3、最年少は12歳、最年長は80歳代。年齢別では10代、20代が約73パーセントを占めた。

 清水の舞台の高さは13メートルもあるが、生存率は85.4パーセントと高い。10代、20代に限れば90パーセントを超す。60歳以上では6人全員が死亡している。京都の人が最も多いが、東は現在の福島や新潟、西は山口や愛媛にまで及んでいる。
 門前町の人らが相次ぐ飛び降り事件に耐えかね、舞台にさくを設けるなど対策を成就院に嘆願したという記録も残る。明治五(1872)年、政府が飛び降り禁止令を出し、下火になったという。

 お寺では「ことわざがなぜ生まれ、現実はどうだったのかという関心から調査を始めた。江戸時代に庶民の間で観音信仰が広まり、清水観音に命を託し、飛び降りて助かれば願い事がかない、死んでも成仏できるという信仰から、飛び降り事件が続いたのだろう」と話している。

大体五階建ての団地と同じ高さですが、コンクリートではなく、木が生い茂っていたと考えれば
生存率の高さも納得できるのか。
http://www.dan-gan.com/entry/2014/04/23/231538
また、こちらも化野と同じく近くに鳥辺野という風葬の場所もあったそうです。

まとめ

願掛けとしての飛び降りなので、思い切った決断をすると現代では多少変わって伝わって来てますね。
しかし、京都は色々奥深くてさすがです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...