サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

桂浜の土佐犬の闘犬施設は牙を抜かれていた

f:id:dan-gan:20141109004843j:plain

2014年4月から桂浜の闘犬センターは、とさいぬパークに変わったらしい。
それと同時に闘犬自体も行われずに、
横綱の土俵入りと子犬に触れ合える可愛らしいパークになってしまったとのこと。
闘犬自体は、年に数回の大会の時と20人以上で2週間以上前に予約しない限り見れなくなりました。

高知の一つの名物だった闘犬も、いまや牙を抜かれた子犬ふれあい施設になってしまってます。

思えば、沖縄のハブ対マングースもなくなったし、
台湾でも蛇喰のパフォーマンスが見れなくなってたり
世界的に動物愛護という観点で規制が進みまくってます。

たしかに動物の命を保護するのは大切だけど、
次から次へと規制していくのは、本当にこれでいいのか疑問です。

闘犬やハブとマングースなんてその県を代表する歴史的な価値もあったものが
見れなくなっていくのは、残念でしかたない。

まとめ

無くなる前に、闘牛と闘鶏は見ておきたいところです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...