サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

夜な夜な軍歌の聞こえる酒場 軍国酒場に行ってきた。

DSC05815


鹿児島の天文館の路地裏になぜか軍歌が聞こえてくる場所があり
看板を見ると軍国酒場。
命まで盗られることはないだろうと思い突入して参りました。

路地裏にこの看板。
IMG_6728_20150124_214523

ちょっと中を見ると50年も営業しているらしい。
50年もやってりゃボッタクリではないだろうと突入を決意。
IMG_6729_20150124_214531

ちなみに場所は4階。エレベーターなどありません。
途中ものすごい薄暗く、ところどころ訳の分からない張り紙あります。
気分的にはお化け屋敷。
IMG_6731_20150124_214540


ようやく入り口。
ここまで来ると軍歌がかなり大きく聞こえます。
テープなどではなく人間が歌ってる不安定感あります。
IMG_6735_20150124_214635
IMG_6733_20150124_214624


突入するとごっちゃごちゃ。
恐らく貴重な戦争当時の軍服や銃などがなんのガードもなく飾ってあります。
DSC05815
DSC05809


軍歌はお客さんが軍歌専門のカラオケ機器を使って歌ってるようです。
DSC05819

入った時は10人ぐらいの人が方を組みながら歌ってて
タイムスリップでもしたかのような錯覚を覚えます。

頭が働かないので、出入口近くの席に座ると店員のおばあちゃんが出てきたので
料金体系を確認。

歌い放題、飲み放題、食べ放題で2,000円だそうです。
かなり良心的なのかな?

つまみはコンペイトウと乾パン的なクッキー、あとは落花生。
DSC05801

酒は焼酎とビールだけのよう。
DSC05797

後ろのストーブの上のゆでたまごは一人一個なのかも?
DSC05804
熱いうちに食べろ食べろと言われますが、
熱湯の中に入ってたものなので、芸人の熱々おでんも体験も味わえます。
まず熱すぎてカラが向けません。

席は当時の戦場の名前のようです。
DSC05800
DSC05809

正確には、ゆで卵は「手榴弾」、ビールは「魚雷」、焼酎は「爆弾」だそうです。
最初何を言ってるか全くわからず聞き直すと現在の名称で言い直してくれます。

他には貴重な物でいっぱいの店内の写真。
DSC05814
DSC05818
DSC05821


トイレには部隊長からメッセージあります。
DSC05823



軍国酒場 - 天文館通/居酒屋 [食べログ]

場所:鹿児島県鹿児島市千日町6-17
   有名なかき氷のしろくま「むじゃき」の真裏です。

あとがき

脳が全くついていけない夜でした。
しばらく脳のチューニングを合わせてから、
話を聞いてみると観光客3割、地元の人7割ぐらいだそうです。

当時の人はほとんどおらず自分で軍歌を覚えたそう。
鹿屋や知覧など基地が多いせいか、親が歌ってたのを覚えたとか。

行った日は、ほぼ60代以上で、30代の人が2組ぐらいでした。

焼酎に酔った頭でふらっと行くぐらいがちょうどいいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...