読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

【閲覧注意】キリングフィールドは地元の子どもたちの社会科見学地になっていた。

DSC08164

近代史において、虐殺としては、ヒットラーや毛沢東と同様に話題になるポルポト。
負の遺産として、アウシュビッツ収容所と同じぐらいインパクトのあるのが
キリングフィールドだと思ってます。

気にしなければ、ただの緑の多い公園ですが、
気にすると多くの人がここで惨殺されたので
ふと落ちてる布を見ると、うっときます。

そんなプノンペン郊外にある、キリングフィールドのご紹介。

入口
DSC08081

慰霊碑
DSC08086
中には頭蓋骨。リアルです。
DSC08088

公園にところどころ、くぼみがあります。
こちらの穴は多くのご遺体が埋めれていたのが土に還ったので
凹んでるそう。
DSC08110
DSC08117

こちらが一番多かったそう。
DSC08115

キリングツリー
多くの子どもがここにぶつけられて亡くなったそう。
銃でもなんでもないのが、逆に心にきます。
DSC08171

そんな悲鳴や断末魔をかき消すために、この木にラジカセをかけてボリューム最大で音楽をかけていたそう。
DSC08154


こんな場所ですが地元の学校の子どもが社会科見学にきてました。
DSC08151
DSC08144
DSC08164
地元の子どもたちは音声ガイドこそ無いものの、現地語で解説が書いてある
看板も立ってるのを熟読してたけど、どんな気持ちで読んでるのか。


キリングフィールドは入場料を払うと日本語のテープガイドを貸してもらえます。
このガイドがより心に響きます。
DSC08101

淡々と日本人が朗読してくれますが、当時の少ないご飯で強制労働させられていたとか、
家族が目の前で拉致られたとか、
挙句の果てには、こどもを母親の目の前で木に打ち付けて殺したあとに
泣き叫ぶ母親を殺したとか。

最後には、当時かかっていた曲をBGMに悲鳴などを聞かされます。
心して来ましたが、気持ちは落ちます。

たまに落ちてる布は恐らく当時のかたのものです。
DSC08172

あとがき

見た目はただの公園で、子どもが遠足に来ているようにも見えるところで
聞くナレーションは、さすがに来ます。
体調をしっかり整えたあとで来るのがいいでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...