読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの週末弾丸旅行術

土日+有給1日で弾丸旅行を!

【閲覧注意】トゥール・スレン虐殺博物館では当時の指導者への恨みが溢れていた

DSC08234

プノンペンでの負の遺産として有名なのはキリングフィールドとこのトゥール・スレン虐殺博物館。
1970年当時、厳しい拷問をして、行きては帰れない収容所、当時のまま幾つか残されております。

ベトナム軍に制圧された当初、拷問で殺された人が残っていたベッド。
DSC08187
DSC08189
DSC08193

独房
さんさんと太陽が入ってきているので、ダークな感じが薄れてますが、
多くの人が亡くなっていたそう。
DSC08246
DSC08251
DSC08253
DSC08241
DSC08240
DSC08235
DSC08234
DSC08230

生還した数少ない人が書いた、当時の絵。
DSC08256
DSC08255


収容した人全ての写真を取っていたらしく、
子どもや女性も多くいたよう。
DSC08210
DSC08212
DSC08209
DSC08207
DSC08205


今では博物館なので、当時の指導者の情報も書いてあるボードがありましたが、
顔が削られてました。
DSC08218

あとがき

太陽が眩しく、かなり熱い場所なので、陰鬱とした雰囲気が和らいでますが
当時の指導者の顔が、何度も削られているところは、まだカンボジア人の怒りが消えてないんだなと感じます。

トゥクトゥクのドライバーや店の人の親世代では、この負の時代に生きていたと思うと
カンボジア人の見る目が変わります。

関連

www.dan-gan.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...